本文へスキップ

トップページ > 犯罪や事故の被害に遭われた方へ

TEL. 0164-23-0110

〒074-0005 深川市5条1番12号

犯罪や事故の被害に遭われた方へ

犯罪被害者支援活動

 身近で凶悪犯罪が増えている現在、いつ、どこで、だれが、犯罪被害に遭ってもおかしくない時代になっています。そのような犯罪に遭った方や遺族の方の悲惨な状況を踏まえ、社会全体で被害者等を支援していかなければいけないという気運が高まっております。しかし、その支援が未だ十分とは言えず、そのためには地域社会が一丸となった取組が必要となりますので、被害者支援活動へのご理解と積極的な参加をお願いします。

犯罪被害給付金制度

 この制度は、殺人などの故意の犯罪行為により、不慮の死を遂げた犯罪被害者の遺族又 は重傷病又は障害という重大な被害を受けた犯罪被害者の方などに対して、社会の連帯共 助の精神に基づき、国が犯罪被害者等給付金を支給し、その精神的・経済的打撃の緩和を 図り、再び平穏な生活を営むことができるよう支援するものです。
詳しい内容はこちらから(別窓で警察本部ホームページが開きます)

  ふれあいの箱

※ ふれいあの箱は「当署1階交通窓口」及び「深川市役所市民課窓口」に設置しています。

深川地区被害者支援連絡協議会

平成30年1月9日
会報オオホ・ナイ(H29-6)(pdf291KB)
平成30年4月27日
会報オオホ・ナイ(H30-1)(pdf849KB)
平成30年7月24日
会報オオホ・ナイ(H30-2)(pdf608KB) New

深川ひまわりの絆プロジェクト

 平成23年京都府内において、遊びに行くと言って出て行った4歳の男の子が、自宅付近で大型車に轢かれ、その幼い命を落としました。男の子の母親は『息子は事故に遭う前、幼稚園で育てていたひまわりの種を握りしめ、家に持って帰ってきたもので、来年は一緒に植えようねと話していた、息子が生きていた証の形見と思い、庭に植えたのです』と語り、庭に咲いた大きなひまわりを指しました。
 ご遺族の「男の子が生きていた証を残したい」という思いと「交通死亡事故根絶への強い願い」が、ひまわりの種となって引き継がれ、その後全国各地で大輪の花を咲かせるようになりました。

 当署でも平成29年春から、この「ひまわりの絆プロジェクト」に賛同し、警察署前の花壇に植え、大輪の花を咲かせることができました。このひまわりの種を植えたいという方がおりましたら、当署にお尋ねください。(※ 数に限りがありますので、お問い合わせを頂いた時点ですでにない場合は、お断りをする場合があります、ご理解とご協力をお願いいたします。またひまわりの種別は「ロシアひまわり」です。)

   
※当署の花壇に植えたひまわりの様子(平成29年時)

犯罪被害者週間

 毎年『11月25日から12月1日までの間』は『犯罪被害者週間』です。
 犯罪被害者週間とは、犯罪被害者等が置かれている状況や犯罪被害者等の名誉又は平穏への配慮の重要性等について、国民の理解を深めることを目的とするもので、期間中は集中的な啓発事業等を実施します。

警察の相談窓口

深川警察署警務課相談係
0164-23-0110(代表)
警察本部相談センター
#9110(全国共通)
性犯罪被害110番
#8103(ハートさん)
少年相談110番
固定電話から 0120-677-110
携帯電話から 011-242-9000
暴力団相談電話
011-222-0200

 

警察以外の相談窓口

 

(カウンセリング窓口-民間被害者支援団体)

北海道被害者相談室
011-232-8740

(性暴力相談-民間被害者支援団体)

SACRACH(さくらこ)
050-3786-0799(性暴力被害者支援センター北海道)

(法的支援・弁護士相談)

犯罪被害者弁護ライン
011-251-7822(札幌弁護士会)
法テラス
0570-079-0714(日本司法支援センター)

(交通事故相談)

北海道交通事故相談所
011-204-5220、050-3533-4703(遠距離相談用)
札幌市交通事故相談所
011-211-2075